施工ガイド

HOME > INFORMATION > 施工ガイド

直貼り全面接着工法の場合

1.カーペット用無溶剤アクリル系エマルジョン型エコタイプ接着剤
(独キーセル社:KF-7同等品)をお薦めします。
その時、必ず20~30分オープンタイムを取ってください。
オープンタイムが不足していますと、発生する水分・ガス等をカーペットが吸収し
伸び、ふくれの原因となります。

2.ヘラのくし目は、指定のBIを使用して下さい。

3.床暖房貼りの時は、エポキシ系接着剤(東リ:エポグレーS同等品)を
使用して下さい。
この場合も、5~10分のオープンタイムを必ず取ってください。

アンダーレイラバー全面接着工法の場合

1.アンダーレイラバー:東リアンダーレイシートULST 厚み4.5mm 発泡塩ビシートをお薦めします。

2.接着剤:カーペット用無溶剤アクリル系エマルジョン型エコタイプ接着剤(独キーセル社:KF-7同等品)をお薦めします。
その時、必ず20~30分のオープンタイムを取って下さい。オープンタイムが不足していますと、発生する水分・ガス等をカーペットが吸収し、伸び、ふくれの原因となります。

3.ヘラのくし目は、指定のBIを使用してください。

フェルトグリッパー工法の場合

1.グリッパー指定 
 ピンの長さ:3mm
 グリッパーの幅:シングル25mmタイプを2本使いで必ず全周に施工してください。

2.ストレッチャー使用のお願い
 ニーキッカーだけでは、全体を引っ張りきれません。
 小面積でも、必ずストレッチャーを使用してください。

3.ニーキッカーの注意点
 必ず「ナップグリップ」(剣山上の方)の針が摩耗していないものを使用してください。また、パイルクズ等で目詰まりしていることがないように注意してください。
 このナップグリップがカーペットの表面をしっかりグリップ出来ず滑ってしまう場合、キッカーティースがバッキング(基布)を破ります。
 特にテックスバックタイプは基布が柔らかいので、表から基布を引っ掻く状態となり、パイル抜けの原因となります。
 キッカーティースは、レベル1~1.5の短めの調節にして施工してください。

4.床暖房の場合
 床暖房を冷却したままで施工しますと、床暖房使用後、「後伸び」の問題が
 発生しますので、必ず床暖房をセットして暖めて施工してください。
 床暖房のセットが出来ない場合は、ストレッチャーで、充分に引っ張りかけて
 施工してください。

5.ヒートボンドテープによる接合注意点
 ◯国産のタフテッドカーペットも同様ですが、フォルアベルクカーペットは特に
 パイルの打ち込み密度が高く、パイルが短く加工跡が表面に出やすいため、接着部の加圧法に注意を必要とします。
また、加熱温度が高すぎると、バッキングがポリプロピレンのため溶けてしまいますので、パンクしない程度の適温に調節ください。

◯アイロンは溝なしのフラットタイプを使用ください。

◯アイロンでヒートボンドを溶かし、カーペットと接着する際には、加圧幅を
 200mm以上で均等な圧力で加圧してください。圧力テープ幅(70mm)の
 部分だけ加えることは、カーペットのその部分の「へこみ」原因となります。
 アイロンのスチール製の収納箱を利用することをお薦め致します。

◯作業者によって加圧方法が異なりますのでご注意下さい。
特によく見られる、アイコン台を利用して「ひざ」で加圧しながら進んでゆく方法は
絶対に避けて下さい。
※現物での「試しテスト」を必ず本施工の前に行ってください。
(なお、弊社施工に主として使用しているヒートボンドテープは、米国オルコン社スーパー3Sです。)

エコフィックス工法の場合

VORWERK社ドイツ工場で研修を受けた技術者が施工、又は、施工指導します。
詳細はアーテリアへお問い合わせください。

NANDOU(ナンドゥ)の接合加工について

通常、平行ループパイルの場合、カーペットの谷間を切りますが、ループパイルの
山の頂点をカットして接合すると、より良く仕上がります。

メンテナンス・クリーニングの注意事項

クリーニングに際しては、水洗いは絶対にお避けください。
スチームバキュームクリーニングをお勧めします。
また、パウダークリーニング(VORWERK 社 コボサン等を使用)した場合
パウダー洗剤等がカーペットに残留していますと二次汚染を招きやすいので
洗剤の除去を徹底してください。

CONTACT

お問合せ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

03-3446-9405

平日 10:00~18:00 ※土日祝除く

お問合せフォームはこちら

COPYRIGHT c ARTEIROR CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.